ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

ちょっと待って!コタツでお昼寝なんてさせないでっ

calendar

全国的に寒波に見舞われ、寒い日が続いていますね。
気温が下がるとインフルエンザなどのウイルスも元気になるので予防には一層念を入れたい所。

薬

さて、寒いと暖房機器など暖を取るための物が不可欠になりますが、コタツでうたた寝なんてしていませんか?
コタツで寝ると体調不良になりますよ~!

もちろん子供のコタツ寝にも注意が必要です。

スポンサーリンク

コタツで寝ると風邪を引く!は本当だった!?

「コタツで寝ると風邪ひくよ!」と言われたことありませんか?
実はこれってあながちウソではないようです。

コタツに入っている時に眠ると、下半身だけが体温よりも高い熱で温められ続けるために沢山の汗をかきます。しかし、コタツから出ている上半身は冷えているという温度差が生じ、その温度差で風邪を引いてしまうと言います。
また、暖かいコタツで汗をかきながら乾燥した室内で寝ていると、粘膜が乾燥して、風邪やインフルエンザのウイルスに感染しやすくなってしまうという事も。
コタツの暖かさは睡魔を誘いますが、コタツで眠るのは避けたいものですね。

それでも子供がコタツで寝てしまった~!と言うときはコタツの電源を切って、体に毛布を掛けてあげるなどすれば温度差による風邪引き予防にはなるようです。

また、コタツ寝に限らず乾燥した部屋で寝ていると粘膜の乾燥が風邪を引きやすくしてしまいます。

できるならば寝室には加湿器を作動させましょう。
加湿器が無い場合は洗濯物を干すのも加湿効果があるのでオススメです。

中にはマスクを着用して寝る人もいるようです。
これも粘膜を乾燥から守ってくれる効果があるのでとても良いそうですよ。
大人でも朝起きたら喉が乾燥している・・・という経験をする人は多いと思います。
そんな場合は就寝時の乾燥対策をしてみてはいかがでしょうか。

寒い冬を乗り切るために、家庭での風邪対策していきたいものですね。