ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

親が原因!?勉強できない子を作るあの発言

calendar


子供の成績が悪いと悩んでいる親は少なくありません。
勉強のできる子の親はいったいどんな教育をしているんだろう、と気になりますよね。

でも、意外にも成績が良い=親が勉強熱心という事でも無いようです。
じゃぁ、元の素質のが違うのね、というのも間違い。

成績の良い子を作るのは、親が無意識に口にする「言葉」と関係があるようです。

スポンサーリンク

成績が伸び悩む子が口にする口癖

勉強が嫌い、勉強ができない、自分は馬鹿だ、自分には無理。

どれもネガティブ発言のオンパレード。

勉強嫌いの子達はこうした「ネガティブな言葉」で自分を洗脳し、努力を諦めてしまっている可能性があると言います。
では、どうしてこの子達はこんなネガティブ思考になってしまったのでしょうか。

ネガティブな言葉で自分を「ダメ」だと思い込む背景には必ずと言って良いほど身近な人たちからかけられる「言葉の暗示」があると言います。
言葉の力は強力で、本当は苦手じゃないのに「これは苦手だ」と口にすることで本当に苦手な物になってしまったり、どこも体調が悪くないのに「顔色悪いね」と言われたことがきっかけで、本当に体調が悪いと感じてしまうという事は実際にある事です。

逆に良い言葉は人に良い影響を与える事もありますよね。

自分はダメだと思い込む子供の親は、無意識にその子供に向かって「ネガティブな言葉」を使ってしまっていると言います。

「あなたは勉強が苦手なのね」「記憶力がないのね」「バカ」などの良くない言葉を言葉を使ってませんか?
これを言われた子供は「そうか、私は勉強が苦手なのか」と思い込み、本当に勉強が苦手な子になってしまうと言います。

言葉の暗示の恐ろしさを理解し、なるべくネガティブな言葉を子供に向けるのはやめたいものです。

成績が良い子の親はおおげさに褒めない

子供に暗示をかける「ネガティブ発言」がNGですが。もう一つ、子供に向ける言葉で気を付けたいものがあります。
それは「褒めすぎる」という事。

良くない言葉は使わない代わりに沢山褒めて伸ばそうと考えてしまいがちですが、褒めすぎは逆効果になるとも言います。
子供にするべきは「褒める」事よりも「認める」事だと専門家は言います。

「すごいね!」と褒めるのではなく「頑張ったね」と子供の頑張りを認める発言は子供を伸ばす魔法の言葉なのです。

ではどんな時子供を「褒める」と良いのでしょう。
それは子供が酷く自信喪失している時の自信回復のためや、大きな成果を上げた時だと言います。

「褒める」という行為は子供の「非常事態」の時の奥の手なんですね。

大人の声がけ一つで、すぐに影響される純粋な子供だからこそ、私たちは普段口にする言葉の一つにも気を遣っていく必要があるのかもしれません。

子供は親の言葉を真似する、それは小さな赤ちゃんの時から始まっている事。
良くない言葉を与えてきたと思うならば今までの言葉遣いを見直し、子供が自分に自信を持てるような優しい言葉かけを心がけましょう。
それは今からでも決して遅くないと思います。