ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

子育てママのお悩み!目の下のクマはなぜできる!?

calendar

子供達が夏休みに入り、学校外の活動が増えて忙しさが増したママ達も多いかと思います。
夏の暑さも加わって、体はクタクタ、はっと気が付けば目の下にはクマができているなんてことも・・・!

あるだけでお疲れ顔200%、老け顔まっしぐらのこの「クマ」どうしてできるのでしょうか。

スポンサーリンク

クマのタイプは3タイプある、私のこのクマ何クマ?

せっせとケアしてもなかなか消えてくれないクマ、実はそのケアの仕方が間違っているのかもしれません。
クマのタイプに合わせたケアをしないと、消えてくれないんですよ。

青みかかった「青クマ」

睡眠不足や眼精疲労などが原因で、目の周りの血流が滞り、毛細血管がうっ血して青黒くなってクマを作る「青クマ」
目の周りをマッサージしたり、ツボを刺激して血行を良くすることで症状を緩和できます。
また、PCやスマホで疲れた目を休ませることも大切。

蒸しタオルやホットアイマスクを使用するのも効果的だとか。

薄いシミのような「茶クマ」

アイメイクなどによる色素沈着が原因で生まれるクマ。
クマの部分を指でつまんで色が変化しないのが特徴。
アイメイクをしっかりクレンジングしなかったり、クレンジングする時にゴシゴシ擦ると皮膚の薄い目の周りはすぐに色素沈着がおきます。
花粉症などで目を擦るクセのある人も茶クマができやすい。
また、紫外線対策を怠ると目の周りはシミになりやすいので、茶クマの防止には普段からの「予防」も大切。

茶クマを消すには「美白」することが有効だといいます。
茶クマはメラニン色素が原因なので美白アイテムでケアをし、メラニン色素を増やさないように紫外線対策で美白に努めましょう。
たかが紫外線と侮るなかれ!

目のたるみや元からの彫の深さが原因「黒クマ」

顔立ちのはっきりとした人ができやすい黒クマ。クマというよりは顔の凹凸によってできた「影」。
下から光を当てると消えるのが特徴。
元々顔立ちがはっきりした人はこのクマができやすいそう。
元の顔立ちはなかなか治す事は出来ませんが、昔は無かったのに歳を取って出てきた、という人は「目元のたるみ」が原因だそう。
加齢による目の下のたるみが原因でできた黒クマ対策は目元のハリや弾力を出す「エイジングケア」
たるんだ目元をスッキリさせれば、影ができることも無くぐっと若返った印象になりますよ。

クマを作らないためには休息とスキンケアと紫外線対策

それぞれのクマの特徴によって取るべき対策は変わりますが、まずは目を酷使しない事、アイメイクにはアイメイク用のクレンジングを使って色素沈着を予防する事、日焼けによるシミや老化を防ぐために紫外線対策を徹底する事。が大切なようです。

このクマ専用美容液が凄い!
【モニターの80%がその効果を実感!】クマを本気で改善『アイキララ』


家に居る時でも紫外線対策は大切。
そして、一日の疲れを洗い流した夜には目の周りを優しくマッサージして疲れを取ってあげると良いかもしれませんね!