ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

2016年ペルセウス流星群、夏休みは親子で星を観よう!

calendar

reload

2016年ペルセウス流星群、夏休みは親子で星を観よう!

夏休みの季節の星空のイベントと言えば「ペルセウス流星群」今年も壮大な星のシャワーを親子で鑑賞しましょう。
2016年ペルセウス流星群の極大時刻は8月12日(金曜日)21時ごろだそう。
日付的にも時間的にも親子で星空を眺めるには丁度良い時間帯ではないでしょうか。
しかし、月明かり等の影響がある場合は12日深夜~が一番の見ごろになるとの事です。

いつもは「夏休みでも早寝!」と言う所ですが、この日だけは特別に夜更かしして星を眺めるのも夏休みの思い出として良いと思いますよ。

スポンサーリンク

流星群を観るならやっぱり郊外の暗い場所

せっかく流星群を観ようと思っても、都会の明るさが邪魔をしてしまう事もあります。
星を観察するならやっぱり田舎の方が星空が綺麗。

特に美しい星空が見える場所として平成18年環境省実施の「星が最も輝いて見える場所1位」に選ばれたのは長野県の南部にある阿智村だそうです。
街の光が届かない山の上で星を鑑賞できるツアーなんかもやっているそうですからチェックしてみるのも良いかもしれませんね!

また、流星群は丁度お盆の時期。帰省などで田舎へ行く人も多いかもしれません。
夜に灯りの少ない田舎ほど夜空は綺麗なものです。
夏の星座や天の川も一緒に楽しめると素敵ですよね。
田舎へ行く予定のある方は、12日は家族みんなで夜空を見上げてみてくださいね。

また、まだ予定を立てていない方も、流星群観測を目的に地方へ旅行の計画を立てるのも楽しそうです。
美味しい物を食べ、夜は星空に癒されて楽しい夏の思い出を作って欲しいと思います。

しかも今年のペルセウス流星群はとても良い条件で観測できる絶好の機会だと言います。
後は当日の天気が良いことを祈るだけ。

沢山の流れ星に願う願い事を今から考えておきたいですね!

この記事をシェアする