ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

「おぼんだま」の使い方で教える、子供の金育

calendar

お盆の帰省で祖父母から「おぼんだま」としてお小遣いをもらった場合。
そのお金はどうしていますか?

まだ子供が小さい場合は親が全額管理するかと思いますが、小学生以上にもなれば貰ったおこづかいは自分の物だからと手放さない子供も多いかもしれません。
親としては子供がそのお金をどんな風に使うのかとても心配ですね。

でも、せっかく子供に貰ったお小遣いです。
それを使って子供にお金の使い方を教える機会にしましょう。

スポンサーリンク

「貯蓄」意識は子供の頃から育てる

大人になっても「貯蓄」できない人は多くいます。
貯蓄ができないのは決して収入が低いからというのだけが問題ではなく「貯蓄の仕方がわからない」「あればあるだけ使ってしまう」人が多いから。
収入を得たらまず先に「先取り」で貯蓄をし、残ったお金で欲しい物を買う習慣がある人は何も意識しなくてもお金が貯まります。

お金の貯蓄は習慣なのです。
そしてその習慣は子供の頃からの「お金の使い方」が結構大切で、そのお金の使い方を教えるのはやっぱり親の仕事。
ではどういう教え方をしたら、子供に理想的なお金の使い方が身につくのでしょうか。

そんなのは簡単です。

例えば2000円のお小遣いなら半分を貯蓄にすればいい。もっと大きな金額の場合は親子で手元に残す金額を相談しましょう。
貯めるお金は子供の見える場所に置いたり、入金した通帳を確認させたりして「貯める楽しさ」を教えるのがオススメ。
沢山お金が貯まったら、好きなおもちゃや本、ゲームを買ってもいいよ、とするのも子供のモチベーションを上げるので良いですよね。

「お金を貯めるのは自分へのご褒美としてちょっと高額な物に使うため」なのだと教えるのが、子供には一番わかりやすいかもしれません。

そして、手元に残したお金の使い方や貯めたお金の使い方に大人が口を出すのはよくない事だというので注意。

子供が欲しいと思っている物に「どうしてそんなものを買ったのか」「無駄なもの買うな」という言葉は、良くないと言います。
子供って本当に「無駄な物」を欲しがりますよね。
だけどそれは大人から見て「無駄な物」なだけであって、子供にとっては「必要な物」なのかもしれません。
また、子供が無駄な物を買って自分で「後悔」する事も、今後のお金の使い方につながる大切な機会。
「どうしてこんなものを買ってしまったのだろう、次はもっと考えてお金を使おう。と子供自らが反省していかないと大人になってからも「無駄遣い」を繰り返す大人になってしまうと言います。

私自身も子供の無駄遣いにはチクチク口を出してしまうタイプなのですが、これは子供のお金の使い方の勉強なんだ、とぐっと我慢し。
くだらない玩具やゲームに消えるお盆玉達を涙で見送っています。

そして子供に「無駄遣いだった」事を後悔させるには、手もとに無くなったお小遣いの「補充」を大人がしない事。
お金が無くなっても「親がくれるから」という態度ではいつまでたってもお金の大切さが身につきませんよね!

子供が自分でお金を持つようになったら、親子でお金の話をちゃんとする

子供にとってお金の使い方の先生は身近な大人です。
子供がお金に興味を持ったら、親子でお金の使い方や大切さを話するのはとても大切でだと言います。
お金に対する価値を教え、将来子供がお金で苦労しないようにしてあげたいものです。