ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

グサッと来たぁ!スマホ愛な私に突き刺さる絵本「ママのスマホになりたい」のぶみ著

calendar

最近、余の親たちをざわつかせている絵本がある事をご存知でしょうか。

その名も「ママのスマホになりたい」

題名を見ただけで、うわ、うちの子の事かも!とドキッとする人も少なくないかもしれません。
子供よりもスマホを見つめる親が多い近年、スマホにママを取られた子供達の叫びがこの一冊を生み出したと言っても過言ではないのです。

スポンサーリンク

シンガポールの小学生の作文が元になって生まれた絵本

カンタロウのママは家事の合間にスマホを見、赤ちゃんのお世話をしてはスマホを見、スマホを止めたと思ったらテレビを見る。
僕の事はいつ見てくれるの?とカンタロウは悲しくなります。
ママに振り向いてもらいたくて、わざとママにちょっかいをかけるけれど、結局ママはスマホが大事で・・・。
「大きくなったらママのスマホになりたい」
そんなカンタロウの切ない叫びはママに伝わるの?

スマホにママを取られて悲しい気持ちになっている子供達は世界中にいるようで、この絵本はシンガポールの小学生が書いた作文が元になっているそうです。
スマホやネットに気を取られると、あっという間に時間が過ぎていて、その間子供達はじっと寂しい気持ちを我慢して待っているんですよね。

わかっているけど、やっぱり見たい。
手放せない中毒性のあるスマホは親子の時間を邪魔するアイテムに他なりません!

けど、スマホが無くなったらママ業につまづいてしまうのも現実。
何故なら、私達は育児に関するほとんどの情報をスマホやネットから仕入れていて、スマホが無かったら子供達の毎日の食事のレシピも、緊急時の対処の仕方や駈け込める病院も調べられないなんて事になってしまうのです。

現代のママ達にとって、スマホから得られる情報は無くてはならない物。
けれど、子供たちにとってスマホはママの時間を奪う強力なライバルで、隙あらば破壊してやろうと狙っているかもしれません。

育児中のママ達のスマホとの付き合い方について指導をする自治体もあるようで「スマホよりも我が子を見つめよう」というのは多くの母親へのスローガンでもあります。

我が子をカンタロウのような寂しい子供にしたくないですよね?
子供に「スマホになりたい」だなんて切ない夢を持たせなくないですよね?

だったらやはり、もっと子供と触れ合う時間を大切にするべきなんです。
わかっているけど、手放せない。スマホはそんな存在です。

だけど、毎日成長する子供の大切な一瞬をスマホ画面に気を取られて見逃すなんて、本当にそれでいいですか?

他人ごとではない、絵本の中のお話なんかじゃない。
これは我が家のことだ!
と、ハッとしてしまう人が多い「ママのスマホになりたい」

自らのスマホとの付き合い方を考えさせられる一冊です。

正直、スマホ中毒者な筆者は心臓をえぐられる思いで読みました。
スマホ優先でごめんよ、と子供達を抱きしめたくなるのは、きっと自らの行動を見直す第一歩。

のぶみさんの絵本は子供達の心も掴む絵本が沢山!

のぶみさん絵本は「ぼく仮面ライダーになる」シリーズをはじめ、スーパー戦隊シリーズをモチーフにした「トッキュウジャーかぞく」「ジュウオウジャーかぞく」といった、題名や表紙で子供達の興味をひくものが多く発売されています。

ヒーローシリーズの他にも「ママがおぼけになっちゃった」という泣ける系の絵本も多く、ファンの多い作家さんです。

全作品、全シリーズ集めたくなります。

そんなのぶみさんの最新作が「ママのスマホになりたい」です。
8月に発売されたこの絵本はママ達の間でジワリと人気と話題を広げていて、一度は目を通したい一冊ですよ。

コロコロとした可愛らしい絵柄と大人の胸に刺さるリアルなお話。
ぜひ親子で楽しんで欲しいなと思います。