ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

運動会で大失敗!うっかり日焼けに効く食べ物はアレ!

calendar

運動会の季節ですね、週末の天気が気になる人が多いのではないでしょうか。
うちの運動会は先週だったのですが、青い空に子供達の元気な姿、とっても感動的な一日でした!!!

が、やっちまった~。

日焼け止めをさぼった腕が日焼けしてしまいました。
紫外線はお肌の大敵!
わかっているけど、忙しいママは「うっかり」も多いんですよね。

スポンサーリンク

食べる日焼け止め!?あの食べ物もすごいパワー

この季節、スーパーでも目を引くあの赤い食べ物「トマト」
トマトには老化を防ぐ効果やダイエット効果、二日酔い防止の効果まで沢山の健康成分があるとして有名ですが。イギリスの大学の研究ではトマトには「日焼け防止」効果がある事が判明したそうです。
なんと、トマトを食べると3割も日焼けが少なくなるのだとか!

まさに「食べる日焼け止め」です。

この効果をもたらしてくれる成分はトマトに含まれるあの「リコピン」です。
アンチエイジングや美肌になると有名なこのリコピンには紫外線によるダメージから肌を保護してくれるパワーもあるんだそうです。

とはいえ、トマトを食べたから日焼けを絶対しないというわけではありません。
トマトを食べる事によって得られる紫外線カット効果はSPF1.3程度だとか。
強い日差しの下ではやはり日焼け止めや日傘は必需品となるんですね。

美肌ママを目指すならトマトを食べよう

トマトを毎日食べていると、肌が若返って綺麗になると言います。
お肌の大敵である紫外線に強く、そして若々しい肌が欲しいと思うなら、この季節こそ「トマト」を沢山食べたいものです。

トマトであればミニトマト、ミディトマト、普通のトマトどれでもリコピンは含まれています。
品種によってトマトの味も様々、フルーツのように甘いトマトもあれば、酸味の強いトマトも。
丁度今は沢山のトマトが並ぶ季節です、色々食べ比べて好みの味のトマトを探してみるのも楽しいかもしれませんね。

生のトマトが苦手、と言う人はトマトジュースや加工品でもOKだそうです。
パスタやピザに使って食べても良いですね。

ちなみに私は生トマト派!冷たく冷やして食べるのが暑い夏には最高です!

今年の夏はトマトを沢山食べながら、子供と野外でタップリ汗を流して遊びましょう♪
沢山汗をかくと、老廃物が流れてくれるので美肌効果もUPです!

子育てしながらでも、無理なく「綺麗」は両立できるんですね。