ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

11月24日は「和食の日」

calendar

11月24日は「良い日本食」のごろ合わせから「和食の日」なのだといいます。
和食は、自然の恵みを生かす日本の食文化としてユネスコ無形文化財にも登録され、世界の注目を集めています。
学校で出される給食でも、ご飯を中心に和食の基本の型を踏まえた配膳をすることが好ましいとされていて、日本の大切な食文化を伝える大切なものでもあります。
家庭でも「和食」の基本を毎日の食生活のなかで取り入れてみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

日本人なのに和食離れ?

日本食が健康に良いバランスのとれた献立だというのは皆頭ではわかっていても、毎食一汁三菜をきちんと揃え、食すことは食事を準備する側としてもとても大変な事です。
また、日本人の米消費量の減少からもわかるように、若い人世代を中心に「米離れ」も危惧されています。
日本には多国籍的に多くの食べ物があり、コンビニで手軽な一品でお腹を満たす食生活の人も少なくありません。
それに伴い、若者の生活習慣病も問題視されるようになり、和食離れが日本人の健康を脅かす原因の一つである事も言われています。

成長期の子供たちにとっても、バランスの良い和食の食生活は体の健康だけでなく、運動能力の向上、学習能力アップにもつながることがわかっていて、子供たちの食を預かる私たちにこそお米を食べる和食を見直す必要があるのかもしれません。

和食の基本は一汁三菜

和食の基本のかたちとして言われるのが「一汁三菜」
主食に汁物と主菜、副菜2を揃えた形のことを言います。
また、お皿の並べる位置も決まっています。

%e4%b8%80%e6%b1%81%e4%b8%89%e8%8f%9c%e3%81%ae%e7%bd%ae%e3%81%8d%e6%96%b9
手前にご飯と汁物、ご飯を左に置くのは右手で箸を持つことを基本としているので左に置くことがわんを持ちやすいので左側になります。
また大切な物を左側に置く日本古来の考え方があるという一説もあるのだとか。
汁物は右側、おかずはご飯と汁物の奥に置きます。

せめてご飯が左、汁物は右という常識だけでも覚えておきたいですね。

11月に入り、秋が一層深まり、紅葉が目を楽しませてくれる季節になりました。
秋は実りの季節でもあり、新米をはじめ旬の魚や野菜、果物などが一段とそのおいしさを増す季節でもあります。
しかし、急激に気温が下がり体調を崩しやすくなるのもこの季節。

冬の訪れに備え、豊富な食材をバランスよく食べることができる和食メニューで、寒さに負けない体づくりを家族みんなでして欲しいなと思います。
日本食の良さを家庭から、家庭の味を子供達に伝える、そんなご飯作りを目指していきたいですね。

味噌汁