ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

本好きな子供が育つ家にはアレがある。

calendar

%e6%9c%ac

本を読む子になって欲しいけれど「本を読みなさい」と言ってしまうのは逆効果。
子供は大人に命令されることは絶対に好きになりません。
本に興味がないのはどうしてか、本好きな子はどうして本が好きになったのでしょうか。

大切なのは子供が「本の面白さ」に気が付くこと。
初めて本を手にする子は自分がどんな本が好きなのかすらまだわかりません。
夢中になれる本に出合うためには、やっぱり沢山の本に出合う必要があります。
沢山の本を手に取れる環境がある子はやはり自然と本がすきになり、読書を楽しむ子になるようです。

スポンサーリンク

本を読む子にするための工夫

本を読まない、ゲームばかりしていると心配する親は沢山いるようです。
ではなぜ、その子は本を読まないのでしょうか。
おうちに本はありますか?そもそも身の回りに本が無いのに「読め」と言われても子供だって困ってしまいます。
本を沢山読む子供のいる家庭には「すぐに読める場所に本がある」のだと言います。

本があるから読む、自然の流れです。
しかし、本一冊そう安いものでもありません。
子供の好きな本を見つけるために沢山買いそろえて、興味が合わなくて結局読まなかったなんてことになるのはちょっと悲しいですよね。
そういう場合は、親子で「図書館」を利用しましょう。
無料で本が借りられる図書館は、子供が様々な本と出合うための最適な場所です。
はじめは沢山の本から選ぶのすら戸惑うかもしれませんが、ゆっくりでいいのです。
親子で色んな本を手に取り、読み聞かせ、読みたい本を見つければよいのです。
色んな本を手に取っているうちに、自分のお気に入りと出会えるはずです。

また、同年代の子が読書をしている姿に刺激を受けて「自分も読んでみたい」となるかもしれません。

図書館に行ってもなかなか本に興味を持てない、という場合は本のイベントに参加してみるのも良いと言います。
読み聞かせなどの本に関するイベントは、自分から本のページをめくらない子の興味を引くきっかけになるかもしれません。
はじめは人に読んでもらう物語にふれ、そこから次第に「自分で読んでみたい」に繋がっていけば理想的ですね。

本を読まない人はもったいない!

本というのはそれを書いた人の思想や知識を知るという事。
色々な本に出合うことは様々な生き方や考え方を学ぶことに繋がり、それを読むことで自信や意欲を培うことになるのだといいます。
子供時代に読書が好きになれた人は大人になってからも「読書」をします。

本には様々な情報があり、それは人が成長するためにとても有効なものです。
知識量の多い人はそれだけ「出世」することができる、読書をして「無駄」になる事は何もないのです。

本好きは良いことづくめなのが分かりますね。

読書をすることで養われる集中力、本から学べる沢山の知識。
本を読むという事は、無限の世界にふれる事。

子供を本好きに、と願うなら、まずは親子で図書館に出かけ子供のお気に入りの本を見つけましょう。
そして、週に一度でもテレビやスマホを手放して親子で本に集中する時間を作ると効果的です。

沢山本を読んで良かった。
そう思える未来がきっと来るはずです。