ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

【基本】おう吐物の処理方法。感染症に感染をしないために。

calendar

感染性胃腸炎の流行が見られる季節です。
家族の一人が感染すると家庭内での感染が広がる事が多い感染性胃腸炎。

胃腸炎の場合、おう吐を伴う事が多くこのおう吐物の処理を間違えたせいで家族への感染が広がってしまうことが多いようです。
感染者のおう吐物は菌のかたまり、適切な処理と消毒で家族への感染を防ぎましょう。

スポンサーリンク

周囲への感染を防ぐ、おう吐物の処理の仕方

感染性胃腸炎の人のおう吐物を処理する時の手順をまとめ。
おう吐物の処理に使う道具として次の物を常備しておくと便利です。

処理専用バケツ、大きいビニール袋、ペーパータオル一束、使い捨て手袋、使い捨てマスク、使い捨ていエプロン、雑巾、次亜塩素酸ナトリウム溶液

※次亜塩素酸ナトリウムはキッチン用「塩素系漂白剤」で代用できます。

1、おう吐者が発生
おう吐者の看護の前に「マスク」を着用。
周りの人はおう吐した場所から離れるようにし、汚れた衣類などは「次亜塩素酸ナトリウム溶液0.1%で消毒、手洗いする。

2、おう吐物を取り除く
おう吐物の処理をする時は「手袋」「マスク」「エプロン」を着用。
窓を開けて換気をしておく。
ペーパータオルで半径2mの範囲を外側から内側に向けて一方向に集め、取り除きビニール袋に入れる。
全てを拭き取ったら使用した手袋も一緒に袋に入れ、次亜塩素酸ナトリウム溶液0.1%を染み込ませてから口を縛る。

3、汚染された床の消毒
手袋をつけておう吐物やしぶきが飛んだ場所(半径2m範囲)を広くペーパータオルで覆う。その上から次亜塩素酸ナトリウム溶液0.1%を静かに注ぎ10分置く。
ペーパータオルを取り除き使い捨ての布雑巾で水拭きをする。
靴の裏(スリッパの裏)を次亜塩素酸ナトリウム溶液0.1%を染み込ませた雑巾等で消毒する。
使用したエプロン、手袋等は汚染面にふれないように脱ぎビニール袋に入れて処分する。

4、処理者の手洗い
処理が終わったら石鹸で丁寧に手を洗う。
シャワーを浴びて菌を洗い流すのも良い。

普段から感染症予防に気を付ける

感染性胃腸炎は、感染力が非常に強く少ないウイルス量で感染するので、集団感染がおこりやすい病気です。
こまめな手洗い(石鹸と流水で)を徹底する、おう吐物の処理を正しく行い、処理後の手洗いを忘れない事。
ノロウィルスの汚染の可能性のある二枚貝などは加熱不十分なままの食べないなど気を付けましょう。

手洗いうがいをすることはインフルエンザなどの他の感染症の予防にも効果があると言います、冬を元気に乗り切るために、家庭内での生活習慣に手洗いうがいを加えてみてはいかがでしょうか。

参考:保健所感染症かわら版

【PR】感染症の季節の必需品!?:ウイルス除去率99%チャーミスト