ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

ひな祭りの食べ物、込められた意味

calendar

3月3日は「ひなまつり」ですね。
女の子の健やかな成長を願う桃の節句を家族で祝いましょう。

ひな祭りには縁起物として食べられる食べ物がありますが、それらにはどんな意味が込められているのでしょうか。

スポンサーリンク

ひな祭りの食べ物豆知識

ひな祭りに準備される食べ物として「はまぐり」「ひしもち」「ひなあられ」「白酒」があります。
それぞれにはこんな意味があるようです。

はまぐり

ひな祭り料理のお吸い物に使われることの多い「はまぐり」。
はまぐりの2枚の貝殻は同じ貝同士しかピッタリ合いません。そこから「良い相手と出会い、幸せに暮らせますように」という願いが込められていると言います。
運命の相手と出会えるようにという願い、なんだか素敵ですね。

ひしもち

赤、白、緑の3色のお餅を重ねて作られた「ひしもち」。
赤には「魔よけ」、白には「清らかさや長寿」、緑には「健康と厄除け」の願いが込められているといいます。
見た目にも綺麗なひしもちはひな人形の飾りの一つとしてもよく見られますね。

ひなあられ

ひな祭りの季節になると必ずと言って良いほどお菓子売り場に登場する「ひなあられ」
ひしもちを細かく砕いて作られ、色もひしもちと同じ3色だったひなあられ。関東地方では後に甘い米菓子(ポン菓子)に変わっていったようです。
素朴だけどほんのり甘さのあるひなあられは食べだすとついついと止まらなくなります。

白酒

おひなさまの歌の中にも出てくる「白酒」
蒸かしたもち米とみりんなどを仕込んだお酒。お酒なので子供は飲めません。
白酒はもともと桃の花を浮かべたお酒で長寿を願ったのが始まりとされています。

縁起物を取り入れたひなまつり料理でお祝いしよう

ひな祭りに食べるものと言えば「ちらし寿司」もありますね。色もとりどりで目にも楽しい料理が並ぶひなまつり。
SNS等にはカラフルな手料理の数々がアップされ、楽しい日でもありますよね。

女の子家庭だけでなく、男の子家庭でも華やかな食卓を作る日として楽しむのはとても良いことだと思います。
ひなまつりにかかわらず、季節の行事を体験し家族で楽しむ習慣を持ちたいですね。