ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

夏こそ肥満に注意!大人も子供も、夏が一番太りやすい!?

calendar

夏休みが近づいてきました、暑さも辛い毎日です。
こう暑いと、冷たいアイスやかき氷が欲しくなります。
逆に食欲は落ちてご飯が要らない! 
なんて事になってませんか?

けれど、ご飯を食べていないはずなのに、なぜか太ったという経験は無いでしょうか。
実は夏は「食べなくても太る」が起こりやすい季節。
ご飯はいらないけど、冷たいジュースやアイス、連日冷たい麺を食べていると言う人は特に注意なんですよ!

スポンサーリンク

夏なのに太る「夏太り」って?

沢山汗をかいて、食欲も落ちているはずなのに太る「夏太り」、その原因はいくつかあります。

一つは「水分の摂り過ぎによるむくみ
夏は汗をかき、熱中症予防としてもこまめな水分補給を推奨されますが、それがむくみの原因に繋がっているといいます。

・エアコンの効いた室内にいるのに過剰に水分をとっている。
・水分補給に糖分の多い清涼飲料水を飲んでいる。
・汗をかいて塩分が欲しくなり、塩分過多でむくみにつながる。
・麺類で食事を済ませている。

これらの事は、むくみにつながる行動です。
適度な水分、塩分補給は大切なのですが、夏はどうしても「糖分」「糖質」をとりすぎてしまう季節。
過剰な摂取は逆に体に毒になるので、木を付ける必要があるようです。

二つ目は「気が付かないうちの食べ過ぎ
夏は食欲が落ちる、と思いがちですが、それを心配して、体力が持たなくなるからしっかり食べよう!と逆に食べ過ぎてしまう事が多いようです。

また、夏は海や山でバーベキューをしたり、冷たい麺と一緒に天ぷらを、と意外と脂っこメニューを選ぶことも増える季節。
食欲が落ちてさっぱりとしたものばかり食べたくなると思いきや、実は他の季節よりもずっと高カロリーな食生活になってしまっている場合があるのです。

さらに、冷たい料理を好んでしまう夏場。
冷たいと油分も甘味も感じにくくなるそうで、それがカロリー過多の原因につながることも。
冷やし中華のスープは高カロリー、アイス、プリン、ゼリーといった歯ごたえの無い物も食べ過ぎ注意食品になります。

夏こそバランスよく、食事を揃えることが、夏太りや夏バテの防止につながります。

夏休み中のお昼、おやつで子供の肥満に

夏休み中は子供達は家で3食を食べるようになり、さらにお菓子などの間食を口にすることも増えます。

暑い時に他の部屋よりも断然に暑いキッチンで食事を作るのは本当に地獄ですよね。
栄養バランスの崩れが気になっても、ついつい「今日もそうめんね」なんて事になりがちです。
糖質のかたまりである麺類は夏太りの原因の大きな一つ。

さらに、暑いからと水分補給にスポーツドリンクを沢山飲んだり、アイスを一日に何個も食べる生活をしていたら夏太り&夏バテまっしぐらです。
スポーツドリンクはスポーツなどで大量に汗をかいた時を想定して作られているので、エアコンの効いた室内にいるのにもかかわらず、スポーツドリンクを飲むのはちょっとお勧めできません。

日常生活の中での水分補給は糖分の入ってない「麦茶」や「水」がオススメ。
夏休みの水分補給用にこの時期だけウォーターサーバーを利用する家庭も多いですよ。
冷たい水がすぐ飲めるウォーターサーバーは子供受けも最高で、ウォーターサーバーがあると喉が渇いた時は水を飲んでくれるようになります。
ジュースよりも水で水分補給をして欲しいと考えるなら、かなりオススメなんです。

また、夏になると子供の「急性糖尿病」が増えると言います。

一日にペットボトルの清涼飲料水を大量に飲んで糖分をとりすぎてしまう事が原因となる事から「ペットボトル症候群」とも呼ばれます。
甘い飲み物は余計に喉の渇きを引き起こし、気が付かないうちに飲みすぎてしまうのです。

夏休みは「甘い飲み物の買い置きをしない」「一日に食べて良い甘い物の量を決める」など家庭での環境や声がけが大切です。
そして、暑いからと涼しい室内にこもるのではなく、プールに出かけて体を動かすなど、運動の習慣も忘れずに行いましょう。

夏休みは生活リズムの乱れにも注意を

夏休みは夜遅くまで遊んでいたりして、そのまま朝も起きられず朝ごはんとひるごはんが一緒の時間になる、という生活になりがちです。
帰省をした、花火大会がある、などの特別な理由の時は多少夜更かしをして楽しんでも良いと思いますが、その他の普通の日はなるべく「早寝早起き」で過ごしたいもの。

昔は当たり前だった夏休みの毎日の「ラジオ体操」。
最近は行う地域はほとんどないようです。

けれど、夏は日の出も早く、朝は一日の中で一番涼しくてすごしの良い時間です。
この時間に目を覚まして活動しておくことは、朝ご飯をしっかり食べる習慣にもつながりますし、夏バテや夏太りの予防にも効果的。

そしてなにより、新学期が始まった時にスムーズに学校生活に戻れるという大きな利点でもあります。

夏休みこそ早寝早起きをして、家族みんなで生き生きとした夏休みを過ごしてほしいと思います。