ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

小・中学校、プログラミング必修化。プログラミングに触れよう!

calendar

中学校での家庭科によるプログラミング必修が始まります。
さらに2020年度からは、小学校でのプログラミング教育が必修化されるのを受け、今子供達の「習い事」として注目が集まっているのが「プログラミング教室」です。

都内の小中学生の習い事の定番になりつつある「プログラミング教室」ですが、地方ではまだまだ教室自体が少ないのが現実です。
わざわざ離れた都市まで通ってプログラミングを習っている、という人も見受けられますが、実は自宅に居ながら簡単にプログラミングを習う方法があるんです!

それが・・・オンラインスクールです!!

スポンサーリンク

プログラミングを学んで得られる事

プログラミングを学ぶことで身に付くと期待されるのが「論理的思考」。

子供達が「問題を解くための手順」であるアルゴリズムを学び、論理的に問題の解決方法を考えられるようになることで、日常生活で何か問題に直面した時に自らその問題を分析し、問題の解決策を見つけられるようになります。
自分で問題を解決できるという「内面の強さ」を手に入れる事にもつながると考えられ、子供のうちから「思考を強化する」という事は常に前進し、進化し続ける人間になるために大切な事であると言えます。

つまり、プログラミングを学ぶことは、単純に「IT」に慣れ理解するというという目的の他に「思考力を育てる」という内面の成長も目的としているのです。

ロボットは間違った指示では動きません。
ロボットを正しく動かすための手順を考え、それを作り上げるという事はとても脳を使う行為です。
プログラミング中は常に脳みそフル回転、考える事が苦手な人はハッキリ言ってプログラマーには向かないと言っていいでしょう。

難しい事を考えるのが「楽しい」と思えると、自然と学ぶことが楽しくなります。

ゲーム感覚でプログラミングを学ぶことで楽しく脳を使えれば、考える事は「楽しい」と思えるようになるのではないでしょうか。

習い事ものオンラインの時代へ

通常の勉強も最近では塾に通わずオンライン教材を使って自宅で学習をするのが当たり前になりました。
塾に通う移動時間の無駄も省けるうえ、自分のペースで進められるのが大きなメリット。
しかも、オンライン教材はお手頃価格でもあります。

プログラミング教室の受講料って結構高額なんですよね。
月2回の授業で月額1万円超えが平均、さらに月謝の他に入会金や材料費が必要な場合も。

その点、オンラインスクールは価格設定が低めで、自宅にパソコンとネット環境さえあれば簡単に始める事が出来ます。
そんな素敵な環境を提供してくれるのが「オンラインで学ぶ!小中学生向けプログラミング D-SCHOOLオンライン」です。

近くに教室が無い、通う時間が無い、という人こそオンライン学習がオススメ。

プログラミングを学ぶ、という事は考える力を育てるという事。
考える力のある人間は、社会にとって「必要とされる人」になる事ができると思います。

だからこそ、学校でプログラミングが必修化になるのです。
しかし、学校でプログラミングを学ぶことのできる時間は年間数時間だとも言われ、正直それだけではプログラミングの楽しさを知ることは不可能だと思います。

しっかり時間をかけて考え、脳を鍛えるためにはやはり学校以外の時間でプログラミングを学ぶ必要があるのです。
ITに強い人間はこれからどんどん必要とされる人材と言われています。

今の子供達が大人になる頃、ITの無い環境を探すという方が難しい時代になっているでしょう。

「パソコンが苦手、怖い」という人のほとんどはパソコンに触れた経験の無い人です。
扱い方を知れば、何も不安は無いという事がわかるでしょう。

子供の頃からIT触れておくこと、考える力を育てておくことは、これからの教育においての重要な課題です。
子供がITに触れるチャンスを、どうか与えてあげて欲しいと思います。



D-SCHOOLでは、プログラミングと一緒に英語も学ぶ事の出来るコースが準備されています。
習い事の上位にランクインする英語とプログラミングを一緒に学べるのはちょっとお得かもしれませんね♪
詳細はD-SCHOOLオンラインHPで。