ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

子供の食事、好き嫌いは誰のせい?

calendar

パプリカ

子供の食事作りには毎日苦労しています。
そんなママは沢山いるはず、近年、子供の偏食は増加傾向にあると言われています。

原因はやっぱり普段の食生活や母親の作る食事なのでしょうか。

スポンサーリンク

子供の好き嫌いの本当の理由

雑誌「母の友」2015年5月号に掲載された記事によると子供の好き嫌いの本当の理由はこうだと言います。

味の基本となる甘味、塩味、酸味、苦味、うま味。この中でも苦味と酸味は人間が嫌う傾向があると言います。
なぜなら苦味は植物などが有害である事を伝えるサインであり、酸味は腐敗を知らせるサインだから。その味を拒否するのは本能からくるものなのだそう。

なので、赤ちゃんや子供が苦味や酸味に過剰に反応するのは当然のこと。
好き嫌いの始まりはこうした本能的な物からくると言います。
決して母親の作る料理が原因で好き嫌いが増えてしまうというわけではないんですよね。

離乳食では食べていた食材なのに物心ついたら急に食べなくなった、という話もあります。
子供ってちょっとしたことがきっかけになって好きだった食べ物が嫌いになる事があります。

実際、私も子供の頃「きのこ」が大好きだったらしのですが、小学生になった頃近くの席のお友達が「しいたけ嫌い!」と言っていたのに影響を受けて大のしいたけ嫌いになってしまったという経験があります。
成長してから突然現れる好き嫌いは「周りの環境」が影響していることもあるのです。

逆に言えば嫌いな物を大好きにさせる秘訣も「環境」にあると言っても良いようです。

好き嫌いの多い子供の前で、大人が美味しく食べて見せよう

こんな実験がありました。親がその子の苦手な食材を「食べなくてもいいから、ちょっとだけ味わってごらん。わたしも食べてみるから、あなたも口に入れて」と3~7歳児にくりかえしやってみると、最初は嫌がっていたのがどんどん食べるようになったそうです

この結果から分かるように、普段から周りの大人が美味しそうに食べるところを見せる事は、子供の好き嫌い解消に効果をもたらす事がわかります。
少しでも食べれたら褒めることや励ますことも子供の「食べたい」気持ちを育ててくれるので有効なのだとか。

逆に無理に食べさせようとするのはさらに好き嫌いを加速させるだけなので、してはいけない行為のようです。

「食べなさい」ではなく「一緒に食べよう」が好き嫌いの無い子供を育てるのですね。

美味しい食材は食欲を増大させる!

味には割と鈍感な私ですが、同じ食材でも美味しい物とそうでない物がある事はわかります。
同じトマトでも酸っぱい物と甘いものがあるように、食材そのものの味の違いが料理の味にも影響してくるんです。
美味しい食材を使った料理は、素材の味が生きていて本当に美味しいです。

子供の敏感な舌にこそ「素材」の味を感じさせてあげたいと思いませんか?

注目⇒子供の好き嫌いを解消する絶品野菜をお試しできます!

家庭菜園は子供の食育にとても有効だと言われますが、家庭菜園を楽しめる家庭なんてなかなかありませんよね。
でも、最近は「農業体験」できる農家も増えてきているのでこの夏休みの計画に入れてみてはいかがでしょう。
自分たちが食べているものがどんなふうに育ち、それを育てるのにどんな苦労があるのかを知る事は、食べ物への関心を育てます。
そして本当に美味しい野菜はあるのだという事を教えて欲しいなと思います。

お家に居ながら「美味しい野菜」を食べれる!
【期間限定】人気食材のおためしセットSALE

食べ物の好き嫌いは「本能」と「環境」が作り出します。
素材の味を楽しんで舌を育て、毎日楽しく食事のできる環境を作りましょう。