ハグ・キッズ

子育て情報サイト、気になるモノ、コト。

安比トミカ博、2017!混雑状況予測と予算の目安

calendar

reload

子供達に大人気のトミカ博、夏に開催されるトミカ博in安比。

2017年トミカ博の開催は8月5日(土曜日)~20日(日曜日)までの期間に開催されます(APPI高原イベントカレンダーより)。

あつまれトミカ博 in APPI はたらく車大集合

子供達が大好き「働く車」がメイン展示になるようです。

安比ってドコ?

安比は岩手県にあります。盛岡よりももう少し北にある山のリゾート地。
冬はスキー場としてにぎわう地域ですが、夏のグリーンシーズンもイベントが盛りだくさんで夏休みのレジャーにオススメの場所です。

そしてこの安比では毎年夏に「トミカ博」が開催されるので、家族連れに人気なんですよね。
しかも、他の開催地に比べて混雑が少ないという口コミもあるトミカファンには「穴場」のトミカ博なんです。

会場は広々とした場所にあり、駐車場も広いスペースなので自家用車で行っても大丈夫。
建物はちょっと年季が入っていますが、エレベーターもあり、トイレや食堂もちゃんとあります。
食堂のメニューはあまり多くなく、セルフ形式。お昼時間は席の確保が大変なので、時間をずらした方が良いかもしれません。

また、赤ちゃん連れママのために、授乳室もあるので安心です。
冬場はスキー場として使われる施設なので、広々とはしています。

また、ゴンドラで山の上に登り、大自然と涼を感じることもできるので大人の癒しとしても夏の安比はお勧めできますよ。

スポンサーリンク

なぜ安比トミカ博は穴場なのか

去年、2016年安比トミカ博の開催期間は8月6日(土)から21日(日)まで開催されましたが、安比のトミカ博は開催期間が長い事と、岩手の安比というあまり知名度と交通の便が良くない場所で行われるという事から他の開催地のトミカ博に比べて混雑が少ないと言われています。

実際に2016年のトミカ博では開催から3日後の8月8日(月)にトミカ博を訪れた所、にぎわってはいましたがすべてのアトラクションを「並ばずに」遊ぶことができました。
開催初日や二日目の土日は結構混雑したようですが、8日は月曜日で平日、しかも会場へ行ったのは昼過ぎの「午後」だったという条件が混雑の少ない理由だったようです。
やっぱり親子連れが多いトミカ博は朝一で入場して午後は帰路に付く家族が多いようです。

なので安比トミカ博で混雑の少ない時間を狙うなら「平日」の「午後」が最高です。

これがお盆期間に入ると入場者がどっと押し寄せるようです。
友人家族はお盆期間にトミカ博へ行ったそうですが、とても混雑していたと言っていました。

また、空いている時間を狙うならやはり終了間際の時間がお客さんがぐっと少なくなります。
安比トミカ博の最終入場は15時30分で16時には会場も終了となります。
午後になると帰宅する家族も多くなるので午後1時や午後2時頃の到着で予定を組んでみると混雑も少なく遊べるかもしれませんね。

けれど混雑を避けて行けるのは会場近くの地域に住んでいる人でなければ、予定を立てるのは難しいというのも現実。
親としては帰宅は早くしたいですし、実際、最終まで遊んでしまうと子供達は疲れてしまいます。
遠方から行く人は、やはり帰りも早めに、という行動計画になるのは仕方のない事ですよね。

そういう場合は「安比に一泊」の計画はいかがでしょうか。
安比はリゾート地ですからトミカ博の会場の側にリゾートホテルが多くあります。
ホテルの中にはトミカ博入場券付の宿泊プランを準備しているホテルもあり、とてもお得ですよ。

しかも、夏の安比。
夜には花火も上がるんです。
ディズニーリゾートに負けてません!

さらにトミカ博の他にも親子で楽しめるレジャーも沢山あります。
ジップスライダーや迷路、ゴンドラで山頂に行くのも楽しかったです。
たっぷり遊んだら大人も子供もぐったりですよね・・・だからこそ、遊んだあとはホテルでノンビリがオススメなんです。

トミカ博の会場から一番近いのは安比グランドアネックス

ホテル安比グランド本館&タワートミカ博プランがあります。

私も安比は初めて行ったのですが、涼しくて綺麗な所だなという印象でした。
岩手は広々としています!
あの大自然をぜひ堪能してほしい♪

安比トミカ博の予算はいくら?

2016年トミカ博での料金を参考に予算を考えてみたいともいます。

安比トミカ博の入場料は大人900円、子供700円です。2歳以下無料。
コンビニで買える前売り券での購入なら大人800円、子供600円なのですが前売り券の販売はトミカ博が開催される前日まで。2016年は8月5日までの販売でした。
2017年も開催の前日(8月4日)まで前売り券が発売されます。

トミカ博では入場特典として記念トミカを一人一個(2歳以下無料の子供は除く)貰えます。
この入場料でトミカまでもらえるなんてなんてお得なトミカ博!とウキウキ。
しかし!本当の出費は会場内にありました。

トミカ博では「トミカつり」や「トミカ組立工場」などの楽しいアトラクションがあり、ゲームに参加するとトミカを1個もらえます。
しかももらえるトミカはトミカ博でしか手に入らない物なので沢山遊びたくなります。

が、このアトラクションは有料で遊ぶためには「プレイチケット」が必要となりそのチケットは1枚100円、11枚綴り1000円。
11枚もあれば沢山遊べるよね~と思ったら大間違いです!

アトラクションを遊ぶために必要なチケットは5枚~で、11枚あってもあそべるアトラクションは2つなんです。

ちなみに安比トミカ博のアトラクションの必要チケットは以下の通り。

「トミカ組立工場」マツダアテンザ チケット6枚
「トミカ組立工場」トヨタプリウス チケット6枚

「トミカつり」 チケット5枚
「トミカあみだゲーム」 チケット5枚
「トミカルーレット」 チケット5枚
「トミカ出動ゲーム」 チケット5枚

全ての有料アトラクションを遊ぶためにはチケットが32枚必要となります。
11枚綴り1000円×3枚=3000円

もしくは

11枚綴り1000円×2枚=2000円
1枚100円×10枚=1000円

どちらにしても3000円

子供が一人なら対して驚く金額では無いのですが、兄弟が居る場合、子供達はそれぞれゲームをしたいものです。
しかもどのゲームも簡単で、トミカを掴める年齢なら大いに楽しめるものばかり。

プレイチケットの予算は、最低でも3000円×子供の人数を考えておくのがオススメです。

さらに!

家族でトミカ博へ行った場合、なぜかこういう場所で子供以上に楽しんでしまうのが「父親」という存在です。
「俺の分もチケット欲しい」
とか言い出すようなパパがいる場合はさらに予算を上乗せ。

そして、ゲームの賞品のトミカは二種類あり「クリア賞」と「参加賞」がある事も頭に入れておきましょう。
「クリア賞」の金色や銀色のトミカが欲しくてチケットつぎ込んでしまう「大人」も多いようです。

せっかくのトミカ博だから限定トミカのコンプリート目指してぱぁ~!と楽しむもよし。
ゲームは1回のみ、と決めて満喫するもよし。
それは各家庭それぞれの楽しみ方で楽しんでくださいね!

安比トミカ博の詳細はタカラトミーのHPでも確認できます。
http://www.takaratomy.co.jp/event/eventlist2/tomica2017-appi.html

限定トミカなら査定UP!?トミカ専門買取があります

楽しいトミカ博ですが、「クリア賞トミカ」を狙って同じゲームで「参加賞トミカ」ばかりが増えてしまうという事があります。
そういう場合はトミカ買取専門【コムズトイ】に売ってしまいましょう!

コムズトイ、はなんと「トミカ専門」の買い取りサービス。

よくあるブランド品等の買い取りサービスと同様、ネットで申し込み、段ボールにつめて送る簡単作業。
トミカ一つ一つに査定額を表示してくれるので、大切なトミカにどれくらいの査定額が付いたのかわかるのもちょっと嬉しいです。

トミカ専門だから安心、明確。

子どもから大人まで愛されるトミカ。
クローゼットの奥で眠らせておくのはモッタイナイ。

トミカも売れます!

買ってくれるのは「コムズトイ」


楽しい夏休みのレジャー、思い出は大切だけど、不用品は売って次のレジャー資金にしちゃいましょう♪

この記事をシェアする